各部の活動

みちのく愛隣協会のそれぞれの施設では、各部ごとに様々な活動を行なっています。

看護部

看護部理念

患者さんならびにご家族に対して、あらゆる場面で個人として尊重し、療養上の問題を解決するために、看護専門職として持ち得る知識・技術・礼儀をもって看護サービスを提供いたします。

◯ 安全・安心・安楽な医療・看護の実践
◯ 患者さんの基本的生活および生活再構築の援助
◯ リハビリテーションチームにおける看護実践
◯ 地域社会にいたる継続看護の実践
◯ 看護職員の教育・育成

教育システム

1.看護職員への教育理念

(1) 看護倫理に基づき、人間の生命、尊厳を尊重できる心豊かな看護職員の 育成をめざす。
(2) 看護職員各々が知識・技術向上をめざし、自己啓発する機会を支援する。

2.看護職員への教育目的

(1) 東八幡平病院および看護部の理念に基づき、質の高い看護サービスを 提供できる看護職員を育成する。
(2) 看護実践力、研究力、自己学習力を高め、自律した看護職員を育成する。
(3) 人間性豊かな看護職員を育成する。

3.看護職員への教育目標

(1) 組織の一員としての役割を自覚し、社会人として円滑な人間関係が保てる。
(2) 看護の質の向上を目指し、研究的態度を養うことができる。
(3) 看護倫理に関する倫理上の諸問題を明確にし、問題解決できる機会を作る。
(4) 各自の実践力を重視し、看護職員自らが意識し実践評価できる機会を作る。
(5) リハビリテーションチームの一員として、専門知識を習得し自らが看護業 務として実行できる。
(6) 院内の教育研修だけではなく、院外研修や学会参加および研究発表の機会を支援する。

4.教育研修体系

(1) 新人職員教育:基礎研修、専門研修、指導者・プリセプター
(2) 卒後2年目職員教育:基礎研修、専門研修 指導者・主任看護師
(3) 卒後3年目以降職員教育:基礎研修、専門研修 指導者研修 指導者・看護部教育委員他
(4) 看護部職員全体:院外研修会受講伝達、ロールプレイニング

看護部活動の様子

看護部活動の写真
看護部活動の写真
看護部活動の写真
看護部活動の写真
看護部活動の写真

トップに戻るボタン